ふるさと村

陶芸品

白岩焼

楢岡焼

東北三大産地にまで数えられながらも途絶え、今、登り窯が復活し、新たな生命を得た白岩焼。幕末以来の伝統を受け継ぐ県内唯一の古窯(こよう)、独特の青味の深い釉薬(ゆうやく)が美しい楢岡焼。秋田で生まれ、秋田の風土と陶工の情熱が育んだ焼きものたち。

江戸時代にはじまった秋田県内の焼きものの中で、ただひとつ途絶えることなく登り窯の伝統を守り続けているのが大仙市南外(なんがい)の楢岡焼・角右衛門窯(かくうえもんがま)である。江戸時代末期の文久三年(1863)に小松清治(初代角右衛門)が、寺内瀬戸座(秋田市)から陶工を招いて、現在地から少し離れた大杉山の麓に窯を築いたのがはじまりといわれ、当初は「大杉瀬戸」と呼ばれていた。明治時代には水瓶、擂鉢、片口など日用雑記を大量に生産し、雄物川の船運を利用して秋田、大曲方面にも運ばれ大いに繁栄。その後、消費者の好みの変化による需要の減少や、第二次世界大戦の影響で陶管の製造を余儀なくされるなど苦難の道をたどったが、戦後は質の向上の努力と民芸ブームに乗ったこともあって、再び活気を取り戻すようになった。楢岡焼の特徴は「なまこ」と呼ぶ独特の青味を放つ釉(うわくすり)にある。地元の土の味を生かすため高温で焼成した後、さらにもう一度、酸素を入れない還元方法で炭化焼成する「焼締」(やきしめ)の技法を用いることにより、なまこ釉(ゆう)の深い青色が際立ち、窯変する土味が微妙な味わいを生む。近年は実用的な器だけでなく、民芸品の要素を持ったものや、素朴でありながら現代ていな感覚を取り入れた作品なども製作され、人気を高めている。

白岩焼は明和八年(1771)、相馬(福島県)の陶工、松本運七(うんしち)が白岩(角館)に窯を築いたのが始まりとされる。その後、運七の弟子の山手儀三郎が天明二年(1782)に「イ窯」という窯を築き、続いて文久年間(1861~1863)までに「ロ窯」吉五郎、「ハ窯」勘左衛門、「ニ窯」孫兵衛、「ホ窯」多市郎、「ヘ窯」吉重郎と次々に六つの窯が成立し、「白岩瀬戸山」として最盛期を迎えた。秋田藩の庇護のもとに販路も他藩まで及び、献上品から日用雑器まで生産した白岩瀬戸山は会津本郷、磐城相馬とともに東北三大産地の一つに挙げられるほどであった。しかし、明治時代に入り、経済の変動と交通の発達により他産地の製品が移入したことによって急速に衰退し、さらに、明治二十九年(1896)に仙北地方を襲った六郷地震によって壊滅的な被害を受け、約百三十年間の歴史が閉じられた。現在の白岩焼は昭和四十九年(1974)に人間国宝の陶芸家浜田庄司氏、その次男の濱田晋作氏らの助力を得て、復興の意欲に燃える陶工たちの手により再興されたものである。窯元は登り窯を復活させた和兵衛窯をはじめ、九衛門窯、与吉窯の三軒があり、それぞれ白岩焼の伝統をふまえながら、独特のなまこ釉を基調とした作品を生み出している。