小杉放庵歌碑

小杉放庵(本名国太郎,为画家、歌人),1881年分出生于栃木县的日光。 1922年与森田恒友等创立了春阳会。 1929年8月与桥本关雪及山中兰径等造访田泽湖并且游历泻尻。当时的泻尻以源自田泽湖的泻尻川清流为中心向外拓展,居民以渔业、制碳等为生,过着安定的生活。当时的泻尻川河口宽广,水流缓慢,在泻尻桥附近才转为急流注入桧木内川。

みつうみの夕の水の落つるなり 家七つある泻しりのむら (意思:夕阳映照湖水流淌,泻尻村常在七户人家)

1929年 夏 放庵

1989年10月 仙北市”